ナチュラル美ママ部

敏感肌&混合肌でも美肌とキレイを目指す!35歳から始めるママ美容★

食事で美肌に!夏の紫外線ダメージをケアできる食事とは

f:id:ohanachanblog:20190824010729j:image

夏の紫外線は一年を通して一番きついですよね。そうなると、目に見えて肌にもダメージが出てくることも。日焼け止めを塗るなど、外からのケアだけでなく、肌の内側からできることもあります!肌に良い食事をして、体の内側から綺麗を目指しましょう!

 

 

 

美肌を妨げる紫外線、どんな影響がある?

 

紫外線は長時間浴びてしまうと、人体に悪い影響が出てしまいます。特に紫外線の影響を受けやすい場所は、肌と髪の毛と言われています。具体的に、紫外線の影響を受けるとどんなダメージになるのでしょうか。

 

お肌

シミやそばかす

たるみやシワ

肌のただれや痛み・かゆみ

 

髪の毛

切れ毛・枝毛

頭皮の乾燥

フケ・かゆみ

ツヤの減退

髪色の退色

 

肌の老化や、頭皮のトラブルにまで発展する紫外線、怖いですね。。

日焼け止めを塗ったり、ヘアトリートメントでケアしたりするのも効果的ですが、食事で体の内側からケアするには何の栄養素を摂ったら良いのでしょうか。



美肌や美髪に効く栄養素

 

夏の紫外線ダメージが秋深くなっても響いているなんてことはありませんか?(私は数年前から夏のダメージが残りやすくなったと感じています。涙)夏のお出かけを楽しむために、気持ちよく秋へ移行するために、きちんと体の内側からもケアしていきましょう。

 

たんぱく質」ー美肌と美髪をつくる

 

肌や髪はたんぱく質からできています。ダメージを受けた肌と髪の修復には欠かせない栄養素です。たんぱく質が足りなくなると肌と髪を十分につくることができません。

また、たんぱく質の材料となる必須アミノ酸は、体内で作られないので食べ物から摂る必要があります。



肉・魚・大豆・卵・牛乳などの乳製品など



「ビタミンE」ー栄養をはこぶ

 

毛細血管を広げることで、肌・髪への栄養をスムーズに運んでくれます。

抗酸化作用もあり、体内の酸化を防ぐ働きも。



アーモンド・かぼちゃ・鰻・アボカドなど



「ビタミンC」ーコラーゲンをつくる

 

美肌に不可欠なコラーゲンをつくり、ビタミンEの吸収を助けてくれます。

抗酸化作用もあり、有害物質である活性酸素から体を守ります。



ブロッコリー・キウイ・パプリカ

 

「ビタミンB6」ー代謝をアップさせる

肌や髪などの成分であるたんぱく質をつくることを手伝います。

皮膚の抵抗力や新陳代謝を上げる働きをします。

 

赤みの魚、脂の少ない肉、バナナ、玄米など



亜鉛」ー代謝をアップさせる

コラーゲンやキューティクルの生成、たんぱく質の合成も促してくれます。

 

レバー・貝類(牡蠣など)・玄米・納豆など



まとめ



美肌に効果的な栄養素は積極的に摂っていきたいですよね。美肌という目的を持って摂取するのであれば、他栄養素と併せて効率よく摂っていけたらいいと思います。

 

栄養素というカテゴリでまとめると、なんとなく難しいイメージになってしまいました。また後日具体的に摂取の仕方なども追加していきたいと思います♪



♡クリック ↓いただけると励みになります♡

(ランキングサイトに飛ぶだけです)

にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ
にほんブログ村


スキンケアランキング